施工管理の肝心な仕事内容とは?求人は未経験でもOK?

「施工管理」が工事の管理をする人だということはざっくりわかったとしても、具体的な業務内容が掴めないと求人を見てもイメージが沸きづらいというものです。

ここでは具体的な施工管理の仕事がどういったものを指すのかご説明します。

◇施工管理の四本柱

施工管理の仕事は大きく分けて4つの管理に分けられます。

・工程管理 どのような工事でも「工期」といって予定が組まれています。

予定通りに工事が行われているか、工期までに終わらせることができるかを管理します。

天候に左右される要素が多いため腕の見せどころです。

・原価管理 工事には必ず「予算」が組まれています。

必要な資材や人件費にコストをかけすぎていないか、お金をコントロールするのも施工管理の仕事です。

・品質管理 工事の品質を管理するのも大切な業務のひとつです。

資材は適切に使われているか、手抜き工事をしていないか、自治体のルールに沿った基準で工事が行われているかを管理します。

・安全管理 工事現場や労働者の環境が安全に保たれているかを管理します。

◇未経験の求人はある?

あるかないかで言えば、ズバリあります。

もちろん最初からバリバリ施工管理の仕事をするわけではありません。

やる気さえあれば未経験者でも応募資格がある求人もあり、採用されてからスキルアップし一人前の施工管理者になれるような土壌が建設業界にはあるといえます。

また、最近では、女性の施工管理者も増えていますよ。

《ご参考ください》通称"ドボジョ" 女子学生が工事現場を見学 | ニュース | 上越妙高タウン情報